四柱推命で分かる「通変」による自分の個性

無料四柱推命占いランキング!生年月日で相性、性格を占う!

当たる四柱推命を試すならココしかない!!

占い

四柱推命で分かる「通変」による自分の個性

自分の運勢を四柱推命で占うときは、かなり複雑な過程を経て、たどり着くものです。
生年月日からスタートして、その後に「四柱」「陰陽五行」の視点からみて、生まれもった宿命と運勢を占います。

四柱とは「年」「月」「日」「時」という4種類に分けられた、生まれた瞬間の運勢を読み取るものです。

それに基づいて「十支」と「十二支」をわりだして、その人の気質を占います。

陰陽五行は、森羅万象が「木」「火」「土」「金」「水」で成り立つという考えであり、四柱推命の基本的な占い方法にプラスされるもの。

このあたりで、かなり精密な結果がでるのですが、四柱推命ではさらに「通変」というものがプラスされるのです。
通変の視点を加えると、さらに詳しい結果がでて、的中率が高くなります。

通変は「比肩、劫財、食神、傷官、偏財、正財、偏官、正官、偏印、印綬」の10種類に分かれています。

ものすごく細かくなりますが、四柱推命で正確に占うために、とても大切なポイントになるので説明していきます。
ひとつずつ解説しても、覚えきれないので、どのような運気なのか簡潔にしておきますね。

まずは「比肩」について。
これは主体性、自主性を表しています。

次に「劫財」について。
これは償うという意味です。
近親者と何かを成し遂げると、成功しやすい傾向があります。

そして「食神」
衣食住の運気を表していて、この運気が高いと吉運といえるでしょう。

続いて「傷官」
これは直感が鋭いことを意味しています。

次は「偏財」
財運の運気ですね。
この運気が高いと金融関連の仕事に向いているといえるでしょう。

次に「正財」
こちらも財運。
お金の運用や、投資したりすると上手くいく可能性が高いです。

そして「偏官」
正義感を表していて、多くの人の上にたつリーダー性があります。

そして「正官」
気品や出世の意味です。
高貴でプライドが高い傾向があります。

さらに「偏印」
精神性を意味していて、心の内側を深く掘り下げて考える傾向があります。

最後は「印綬」
頭脳の意味で、この運気が高ければ研究職などが向いているでしょう。

というわけで10種類の大まかな意味合いを、ポイントだけに絞って説明しました。
通変は人によって運気の上下があり、四柱推命をすれば詳しい結果が分かるのです。

いわばその人の「個性」のようなもので、どの運気が高いか低いかによって、全体運を占うときの重要ポイントになるわけです。
この10種類をプラスするだけで、日常生活における細やかな運気が分かりますね。

性格や生き方だけでなく、個性を活かした職種を選んだりする際の参考になると思いますよ。
四柱推命を使って占いをするときには、通変の運気についても調べておくと良いでしょう。

QLOOKアクセス解析